【風邪予防に】ハイビスカス柚子茶 | ハーブティーのレシピ

f:id:hakodate-glay-trip:20210930181201j:plain

ハイビスカスを加えてルビーのような華やかな赤色にした柚子茶です。

クエン酸、ビタミンC、ビタミンEなど多種の栄養を含み、美肌効果や抗酸化作用が期待できます。 風邪予防や疲労回復にもおすすめです。

作り方

ブレンド内容

柚子茶 大さじ2~3
ハイビスカス ティースプーン1/3杯
ドライクランベリー 10粒程度
ローズヒップ ティースプーン1/4杯
お湯(95度以上) 400ml

各素材について

柚子

ビタミンC、ビタミンEなど、多種の栄養を含み、美肌効果や風邪予防が期待できます。クエン酸やリンゴ酸など有機酸を多く含み、疲労回復にもおすすめです。

ローズヒップ

別名”ビタミンCの爆弾”。ビタミンCやビタミンBをはじめ、多種の栄養を含み、体のビタミン補給に。美肌のハーブとしても知られ、高い人気を誇ります。

ハイビスカス

美しいルビー色が特徴。クエン酸ミネラルを含み、元気をサポートします。運動時や真夏の水分補給に。ローズヒップとの組み合わせがおすすめです。

クランベリー

ビタミンEを多く含み、抗酸化作用や冷え性の改善に。渋み成分には抗炎症作用があり、むくみの予防にも効果があります。

f:id:hakodate-glay-trip:20210930181357j:plain

手順

  1. 柚子茶、ドライクランベリーをティーポットの茶こしの下に入れる
  2. ハイビスカス、ローズヒップをティーポットの茶こしに入れ、95℃以上にしたお湯を注いで、蓋をし、5分待機。
  3. カップに2を注ぎ、茶こしを外して柚子ピールやドライクランベリーをカップに移して完成

おいしくするコツ・コメント

柚子のビタミンCは果皮に多く含まれるので、 ドライクランベリーや柚子ピールなど、抽出に使った果物も一緒に食べるのがおすすめです。

おすすめのアイテム

柚子茶は、風邪の初期症状やのどの痛みがある時に便利です。

私の場合は軽い風邪の場合に柚子茶を飲むのですが、結構よくなることが多いです。 古くから風邪薬としても使われているので、薬に頼らず治したい方におすすめです。

ローズヒップは、ローズヒップティーの主役としてだけではなく、ハーブティーやフルーツティーに混ぜて使っても美味しいです。

ビタミンCを多く含むので、美肌効果が期待できます。キレイな自分になりたい方におすすめです。 ローズヒップの実をつける薔薇を育てるのはなかなか難しいので、乾燥されたローブヒップを袋で買うことをおすすめします。

ローズヒップティーを楽しみたい方は、ローズヒップだけでは色が出ないので、ハイビスカスとセットで使うようにしましょう。

ハイビスカスは、お湯を注ぐとルビーのような鮮やかな赤色のお茶を楽しむことが出来ます。

少しの量でも綺麗な色が出るので、インスタ映えするようなハーブティーを楽しみたい方におすすめです。

ローズヒップティーを楽しみたい方は、ハイビスカスだけでは、ローズヒップティーの味が出ないので、ローズヒップとセットで使うようにしましょう。

耐熱ガラスのティーカップは、持っておいて損はありません。

ハイビスカスのような鮮やかな色を楽しみたい場合や、カップの中で咲く花や雪など、工芸茶のような綺麗な見た目を楽しみたい場合に重宝します。

一般的のお茶でも、影と一緒に上から眺める暗いお茶よりも、光を通した明るいお茶の方が、華やかな気持ちになれます。 目からお茶を楽しみたい方におすすめです。