【ベランダで家庭菜園】お腹に優しいレモングラス(ハーブティー)の育て方【虫対策や初心者の失敗例も紹介】

今回は、家庭の胃ぐすり「レモングラス(ハーブティー)」の育て方について、私自身の失敗経験も踏まえて、初心者のつまずきポイントを含めて、詳しく紹介していきます。

  • 虫は出るの?
  • 夏や冬はどうすればいい?
  • 土は何を使えばいいの?肥料は?

など、さまざまな疑問にお答えしていきますので、ぜひご覧くださいヽ(´▽`)/

レモングラスとは

レモングラスとは、レモンのような爽やかな香りが特徴のハーブです。

ドライハーブで作るハーブティー「レモングラスティー」もおいしいですが、自家製レモングラスで作るハーブティーは格別です。

味ももちろんですが、特に大きな違いは、胃腸への効き目です。

自家製レモングラスを使ったレモングラスティーは、即効性のある消化促進効果があり、胃もたれなどつらい胃腸の疲れを飲んだ途端に癒してくれます。

甘いものや脂っこいものをよく食べて、胃もたれで悩んでいる人には、レモングラス栽培が超おすすめです。

市販のドライのレモングラス(カルディ、enherbなど)もいくつか飲んでみましたが、胃腸を癒す効果はほとんどありませんでした。

自家製レモングラスじゃないと、枯れきってしまって効果がなかったので、再度自宅で育てています。

レモングラスの栽培場所

お茶の木と同様に、ベランダで育てます。

マンションなので、庭はなく、日当たりも少なめですが、それでも昨年問題なく育ったので大丈夫だと思います。

それに、ベランダなら虫対策もほとんど必要ないので、虫嫌いな人でも家庭菜園を楽しめます。

寒さには弱いので、気温が低い冬(11月〜3月)は室内で育てましょう。

この時期に外に出すと1〜3日で枯れてしまうので、必ず室内に入れてあげてください。

レモングラスの苗の入手方法

①ホームセンターや花屋で、【ポット苗】を購入する

やっぱり丈夫で健康な育てやすい苗といえば、ホームセンターや花屋で買う【ポット苗】だと思います。

季節によっては売っていないこともあるので、探すのには苦労しますが、この方法が1番確実でしょう。

お値段は、1株300円ほどです。

②メルカリなど通販で【抜き苗】を購入する

一生懸命お店を探すより簡単に見つかるのと、けっこう安価な商品があるので、「これからの買い物はメルカリで」という人もいるでしょう。

私は最近買い物はメルカリ派なので、レモングラス苗も試しに買ってみました。

抜き苗で土や根もほとんどなく、長い輸送時間で弱りきった今にも枯れそうな苗が届きましたが、2週間ほど経った今では元気に成長してくれています。

そのため、メルカリの抜き苗も、選択肢のひとつとして考えて良いと思います✨✨

どのような苗が届いたのか、成長の様子などを、写真でしっかり見たい人は、以下に載せてありますのでよかったらご覧ください。

hakodate-glay.hatenablog.com

お値段は3株700円と、ホームセンターで購入するよりも安価に購入できました。

レモングラスの植え付け

【ポット苗】を植える場合

  1. ポット苗の高さに合わせた鉢を用意して、植える場所をだいたい決めます。
  2. ポットから取り出して、鉢に並べます。
  3. ポット苗の土の高さに合わせて、「ハーブ・香草用の土」を同じ高さまでいれます。

「ハーブ・香草用の土」に、すでに専用の肥料が入っているので、肥料は入れずに土をかぶせるだけにします。

【抜き苗】を植える場合

  1. 鉢植えに深さ2cmくらい、鉢底石を詰めます。
  2. ハーブ・香草用の土を8分目くらいまでいれます。
  3. 根をしっかり入れられるくらいに、穴を掘って、レモングラス苗を入れ、穴を塞ぎます。
  4. しっかり馴染ませるように、底から水が流れるくらいに水をあげたら完成です。

「ハーブ・香草用の土」に、すでに専用の肥料が入っているので、肥料は入れずに土をかぶせるだけにします。

抜き苗の場合や、鉢植えが大きな場合には、水捌けを良くするために、「鉢底石」を入れましょう。

レモングラスの水やりは、乾いたらしっかり

毎朝土の様子を確認して、土が乾いていたら、たっぷりと与えます。

乾燥や暑さには強いので、水は少なめでも大丈夫です。

レモングラスは虫対策がほぼ要らない

レモングラスの栽培では、ほとんど虫が発生しないので対策しなくて大丈夫です。

ただ、レモングラスだからというわけではないのですが、土があるのでアリが巣を作る可能性があります。

花屋やホームセンターで買った直後や、1階で育てる人は気をつけましょう。

もしアリが発生した場合には、アリが通りそうな場所に【アリの巣コロリ】を置けば、2〜3週間でアリを撃退することができますよ。

レモングラスの収穫

くにゃっと曲がるくらいに葉が伸びてきたら、根元25cmほど残して、ハサミで葉を切り取りましょう。

レモングラスの葉の側面は、とても切れ味がよく、怪我をする恐れがあり大変危険です。

紙でシャッと皮膚が切れてしまうくらいには切れるので、なかなか危ないです。

面倒くさがって手でちぎることはせず、必ずハサミで収穫するようにしましょう。

レモングラスは成長が早く、ぐんぐん伸びるので、夏の間はたくさん収穫できますよ。

収穫した葉は、軽く洗って平皿に並べ、2〜3日かけて乾かします。

レモングラスの収穫の詳細は以下の記事でも紹介していますので、詳しく知りたい方はご覧下さい↓↓↓

レモングラスの収穫頻度

なんと夏場は、毎週収穫できますΣ(゚ω゚ノ)ノ

胃腸の疲れに「レモングラスティー」の作り方

こちらの記事を参考にしてください↓

レモングラスを使ったレシピを見る