【どんな味?】緑茶と紅茶のブレンド茶を作ってみた!

f:id:hakodate-glay-trip:20211203122820j:plain

お茶といえば、紅茶と緑茶を思い浮かべる人が多いと思います。もしくは、ハーブティーやフルーツティーなどもありますね。

紅茶や緑茶にハーブやフルーツを加えたり、紅茶同士、緑茶同士をブレンドしたりする組み合わせはよく見かけます。

では、紅茶と緑茶をブレンドしたら?

今回は紅茶と緑茶をブレンドすると、どのような味や香り、色になるのかを調べていきます。

紅茶と緑茶のブレンド茶を作ってみた

f:id:hakodate-glay-trip:20211203130340j:plain

LUPICIAの紅茶「ニルギリ」の茶葉を、瓶に入れました。

f:id:hakodate-glay-trip:20211203130343j:plain

スーパーで買った緑茶のティーバッグを1個破いて、中の茶葉を紅茶に加えます。

f:id:hakodate-glay-trip:20211203130337j:plain

軽く振って混ぜ合わせて、蓋を閉めて一晩。香りが落ち着いて、紅茶と緑茶のブレンド茶葉が完成です。

紅茶と緑茶のブレンド茶を飲んでみた

f:id:hakodate-glay-trip:20211203143313j:plain

お湯を注いだ直後、緑茶の色が全体に広がりました。少し濁ってはいますが、緑色ですね。

そして、抽出すること2分。

f:id:hakodate-glay-trip:20211203121110j:plain

紅茶とも緑茶とも言えぬ色。

味は、お茶漬けの素を入れた緑茶のような、何かのダシが入っているような緑茶の味に近いですね。お米食べたい。

温度が少し低めの95℃だったからか、緑茶が強めです。

和紅茶にも似ているかもしれないですね。とても柔らかな甘みがあるお茶です。

時間が経つと茶色が強くなっていき、一杯目を飲み終わる頃にはダージリンくらいの色になりました。

f:id:hakodate-glay-trip:20211203121119j:plain

この見た目はもう完全に紅茶。

顔を近づけると緑茶の爽やかな香りが吹き抜けていきます。

飲み込むと和紅茶のような香り。舌に残る柔らかさは緑茶の感触です。とても面白い。

出涸らしが海に揺らめく海藻みたいで、どこか綺麗で好きです。磯遊びがしたくなりますね。

f:id:hakodate-glay-trip:20211203121820j:plain

出涸らしにお湯を入れて、もう一杯。

f:id:hakodate-glay-trip:20211203124121j:plain

茶葉が入ってしまいました。

少し渋みが強くなってきたようです。飲み込んだ後に、舌の上にざらざらとした茶渋が残る感じがあります。

渋めのダージリンに近いですね。これはこれで美味しいです。

紅茶と緑茶のブレンド茶まとめ

f:id:hakodate-glay-trip:20211203151417j:plain

  • 色は緑茶の色から始まり、徐々に紅茶の色に近づく
  • 味や香りはダージリンや和紅茶に近い
  • 出涸らしの見た目が海藻が揺らめく海のようで綺麗
  • 変化があってワクワクする面白いお茶になる

これを読んでくれたあなたも、ぜひお茶の時間に好奇心そそる遊びを加えてみてください。

きっとお茶ライフが今以上に楽しくなりますよ。