【ダイエットの秘訣とは?】10kg減のダイエットを振り返る

f:id:hakodate-glay-trip:20220114165639j:plain

今回は、体重10kg減のダイエットを成功させた話をします。

太っていた原因や、痩せるためにやったこと、今も気をつけていることをまとめます。

お茶ブログでダイエットって、スレ違いでは?ってなりそうですけど、ちゃんと紅茶絡んでます。むしろ紅茶のおかげで痩せた、と言ってもいいかもしれません。

では、話していきましょう。

太っていた原因

f:id:hakodate-glay-trip:20220114165417j:plain

太っていた原因は、運動量に対して、摂取カロリーが多すぎたことですね。単純シンプルに食いすぎ飲み過ぎです。

  • 3食がっつり
  • 毎日たっぷりおやつ
  • 1日牛乳1L、またはジュース
  • 紅茶10杯、砂糖あり

めっちゃ食べてたし、甘いものばっかり食べてました。引きこもってゲームしてるだけなのに、どんだけ食うねんって感じです。

痩せるためにやったこと

痩せるためにやったことは、ひたすらに摂取カロリーを下げる。

  • 白米の量を30%減らす
  • 間食を基本しない
  • ジュースを飲まない
  • 紅茶を無糖にする

運動は続かなかったので、諦めましたね。

そっか。単純じゃん。有力情報無いな…って離脱しないでください。ここからが話のメインです。

自分が食べたい量以上は食べない

f:id:hakodate-glay-trip:20220114170257j:plain

ダイエット時に意識したのは「自分が食べたい量以上は食べない」

「もう満腹だけど、作ってもらったから食べなきゃいけない。いつも腹12分目」をやめました。

自分で自分の食べる量を決める。自分で茶碗に盛ればいいのです。

毎日腹12分目になっていたのを、腹7分目になるようにしました。かなり心配されましたが、これでいいのです。

ジュースは、紅茶に置き換え

f:id:hakodate-glay-trip:20220114172026j:plain

ダイエット時は、ジュースをすべて紅茶に置き換えていました。コーラ1缶で150kcalもあるそうですが、紅茶なら0kcalです。

例外は、オレンジジュースだけですね。

外出中にペットボトルを買いたくなかったので、紅茶を水筒にいれて、いつも持ち歩いていました。

紅茶に砂糖を入れない

f:id:hakodate-glay-trip:20220114170136j:plain

ダイエット時からずっと、紅茶に砂糖は入れないようにしています。

ただ、ティーバッグに、お湯を入れただけの紅茶が毎日続くと、さすがに滅入りました。

そのため、いろんな紅茶に手を出しました。特にフレーバーティーは、砂糖もミルクもいらないので愛用してます。

hakodate-glay.hatenablog.com

紅茶を甘くしたくなったら

普段は無糖なんですが、甘いミルクティーを楽しみたい時もあります。

その時は、ステビアリーフを加えるようにしています。

砂糖より美味しいし、低カロリーなので、ダイエットと美味しさの一石二鳥なのが嬉しい。

ダイエットで1番大変だったこと

f:id:hakodate-glay-trip:20220114165744j:plain

1番大変だったのは「もっと食べなよ」を受け流すこと

家族はありがたいことに、優しさで、もっと食べるように勧めてくれるんですよね。断るのもなかなか大変でした。

だから「自分が食べたい量以上は食べない」っていうのが意外と難しい。周囲に流されることなく、自分をコントロールできるかが、ダイエットの鍵だなって思います。

10kg減のダイエットまとめ

f:id:hakodate-glay-trip:20220114173318j:plain

太っていた原因は、カロリーの取りすぎ。

瘦せるためにやったことは、

  • 白米の量をコントロールする
  • おかず中心の食生活にする
  • ジュースを無糖紅茶に置き換える
  • 食べたい量以上は食べない

無理のない範囲で続けたら、10kg減量に成功しました。

食生活自体がつらいと感じるのは最初だけで、数ヶ月でダイエットの食生活が普通に感じるようになりますよ。

ダイエットの秘訣は、周囲に流されることなく、自分をコントロールできるか

周囲の人々の優しい心配を断り続ける日々になるので、良心の呵責と戦うことになりますが、強い意志を持てば出来るはず。

最後に

この記事が面白かった、またダイエット系の話を聞きたいなと思ったら、Twitter(@g_masquerade)のフォローをお願いします。

いいねがあったら、また今度ダイエットの体験談を書こうと思います。