【思わず語りたくなる美味しさ】生クリーム入り!アールグレイの贅沢ミルクティーのレシピ・作り方

f:id:hakodate-glay-trip:20211209124739j:plain

「スターバックスの、生クリームとミルクが1:1のアールグレイラテが美味しいらしい」という話を聞いて、生クリーム入りのアールグレイの贅沢ミルクティーを作ってみました!

クラシカルな高級ティールームで出してくれそうな、贅沢感あふれる上品なミルクティーが誕生しちゃいました。思わず語りたくなってしまう美味しさを、ぜひ味わってみてほしい!

スーパーにある材料で簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。では、作っていきましょう!

【生クリーム入り】アールグレイの贅沢ミルクティーの作り方

f:id:hakodate-glay-trip:20211209123843j:plain

材料 ティーカップ2杯分
トワイニング アールグレイ ティーバッグ1個
200ml
牛乳 50ml
生クリーム 50ml
  1. 水を鍋に入れて沸騰させます。火を止める目安は、1〜2cmくらいの大きい泡が出るようになったら止めてください。
  2. アールグレイのティーバッグの袋を破いて、中の茶葉を鍋に入れます。蓋をして3分放置してください。トワイニングのティーバッグは、手で破けるのでハサミを使わなくても大丈夫です。
  3. 3分後、生クリームと牛乳を加えます
  4. 木べらで軽く混ぜながら、プツプツと小さな泡が出るまで加熱します。泡が出てくると、手を止めた時に木べらにぽこぽこ当たってくる感触があります。それを目安に止めてください。
  5. 茶漉しを使って、ティーカップに注いだら完成です。

f:id:hakodate-glay-trip:20211209130856j:plain

トワイニングのアールグレイの茶葉が細かすぎて、一部茶漉しをすり抜けましたね。カップの底に茶葉が沈んじゃいました。

【生クリーム入り】アールグレイの贅沢ミルクティーはどんな味?

f:id:hakodate-glay-trip:20211209185251j:plain

アールグレイの香りがしっかりしますね。生クリームの上品な香りはしますが、アールグレイの香りを邪魔していません。

豆乳ミルクティーのようなざらつきも無く、舌触りはとっても滑らかです。生クリーム無しで作るミルクティーよりも、膜を張りにくくて、まろやかなのにサラッとしてます。

牛乳100%で作るミルクティーよりも甘さは控えめで、上品で高級感のある味です。ミルク臭さもありません。高級なカフェにあるお洒落なミルクティーっぽいです。

「渋谷よりも銀座。銀座よりも英国」
って感じです。英国行ったことないですけど。

甘いミルクティーではないのに濃厚で、濃厚なのにスッキリ爽やかで、とても飲みやすいです。

甘くないミルクティーって、紅茶が濃すぎるか、ミルクで中途半端に中和されて薄くて水っぽい印象があるのですが、生クリーム入りのミルクティーは違いますね。

紅茶の上品な香りや味を残しつつ、生クリームが高級感と濃厚さを加えて、ミルクが甘さを少しプラスしながら苦味を抑えてくれている。全てがちょうど良いスッキリ感。

これは本当に美味しいです。

作レポ・クチコミ

自慢のミルクティーをぜひ飲み比べてみてください

hakodate-glay.hatenablog.com

以前作ったこのミルクティーが、甘くて温まる「あまうま(๑>◡<๑)💕」な子供から大人まで楽しめる濃厚ミルクティーなんですよ。紅茶が苦手な人でも楽しめる感じ。

それに対して今回の、生クリーム入りのアールグレイのミルクティーは、「なんて素晴らしい紅茶なんだ✨」って感じなんです。大人や紅茶ガチ勢が語りたくなるミルクティーです。

違い伝わるかなぁ…?

hakodate-glay.hatenablog.com

豆乳のミルクティーは、ざらっとしてて美味しくはないんですけど、飲み比べとしてはとても面白いです。舌触りが牛乳や生クリームと全然違うんです。なんかざらざらしてる。

この不思議な感覚は豆乳じゃないと味わえないので、一回だけやってみてください。2回目はやらなくていいですw

ぜひいろいろ作ってみて、ミルクティーの世界を飲み比べてみてください。